エコシステム

DCP (デジタル通信プラットフォーム)は双方向のデータリンクとして機能するエコシステムの頭脳です。 このデータフローにより、MK CANBus上のすべてのデバイスの設定と監視が可能になります。 MK CANBusは、アヴァイア エコシステム製品間で簡単にインストールできます。 DCP経由で情報はAvireの安全なクラウドプラットフォームであるアヴァイアハブに送られます。

リフトホークはエレベータの状態をリモートで監視するためのソリューションです。 カゴ上(TOC)に装着すると、リモートでエレベータを動かし、アヴァイア ハブを介して行われるテストで適切にエレベータが機能しているかを確認します。 加えて、エレベータの動きを自己学習し、長期間エレベータが動いていない時間に自動的にリフトテストを実行します。

近日公開

アヴァイア ハブは、デバイスを監視および設定するためのクラウドベースのプラットフォームです。 特にエレベータ業界向けに設計された安全なプラットフォームであり、ポートフォリオをオンラインで表示、機能の確認、EN81-28バックグラウンドコールの監視、リアルタイムのフィードバックやアラートを受信などができます。

下記タブより、ご利用の目的に合ったものを選択してください。
その後製品名をクリック、Avireの製品が
どのようにして使われるのかをご覧ください。

CANBus接続を可能にするパナクロームプラス用の新しいコントローラをご提供しております。タイムアウトしたダイオードの数、ドアブロック、ライトカーテン上のブロックされたダイオードの領域、ドアサイクル数などの情報とともに、データをDCP(デジタル通信プラットフォーム)経由でアヴァイア ハブに返送します。 電子メールを介して外出先ででも通知されるようにアラートを設定することも可能です。

PRPディスプレイとナビゲーションボックスを取り付ける際には、COPの交換や、エレベータのコントローラに接続する必要はありません。 ナビゲーションボックスの設定は簡単で、内蔵のセンサが床の位置情報を画面に表示します。 タクトスイッチにより現場でディスプレイ設定を行うことも可能です。 PRPディスプレイは迅速かつ簡単にご管理中のエレベータをアップグレードできます。

デジタルオーディオユニット、トリフォニーユニット、インダクティブループ、ピットフォンは、DCP(デジタル通信プラットフォーム)のEN81-28準拠の遠隔監視を構築します。

DAUはCOPパネルの後ろにあり、トリフォニーユニットはTOCおよびBOC通信ポイントを提供します。または、DAPをピット内で使用してシャフトの下部にアラームポイントを提供することもできます。誘導ループはEN81-70に準拠しています。
スマートエレベータ
動画を再生する

エコシステム

Avire Ecosystem devices can be fitted in any lift installation and provide informative data, remote monitoring and configuration options. Intelligent devices are transforming industries across the world and with the Avire Ecosystem all elevators can easily be made smarter, simpler and safer.

Avire offers several packaged options and individual products can also be purchased. Click below to find out more about each device.

CONTACT US FOR MORE INFORMATION ON PACKAGES AND PRICING.

下記タブより、ご利用の目的に合ったものを選択してください。
その後製品名をクリック、Avireの製品が
どのようにして使われるのかをご覧ください。

  • DCP デジタル通信プラットフォーム
スマートエレベータ
動画を再生する

スマートエレベータ

Avireのコミュニケーションシステムは2つのコア要素とこれら2つのコア要素にデータを提供する機器から成り立ちます。通信システムの中心はDCP(デジタル通信プラットフォーム)です。双方向のデータ通信を可能にするプラットフォームとこのデータは、アヴァイア ハブ クラウドインターフェースを通じて実現します。

DCPはエレベータシャフト内でデバイスとのデータ通信を可能にし、直感的で使いやすいクラウドプラットフォームと通信できるデータリンクをご提供します。

データ管理により効率を上げることは新しい概念ではなく、デジタル通信システムは、新たにコントローラを設置するコストと手間を省き、これを実現します。リモート設定と遠隔監視により、DCPは予測メンテナンスの目的でエレベータの状態に関するリアルタイムの情報を得ることができます。

 

DCP デジタル通信プラットフォーム

Memco DCP デジタル通信プラットフォームは、GSMゲートウェイ、緊急電話、およびM2Mゲートウェイを1つのユニットにまとめたものです。 システムはEN81-28に準拠しており、PSTNからGSMにアップグレードできます。 DCPを使用すると、デバイスをリモートで確実に構成、更新、および監視することが可能です。

アヴァイア ハブ

Avireのクラウド監視システムを使用すると、エレベータのポートフォリオ全体をオンラインで確認したり、実際の現場訪問が必要な時期を特定したり、ディスプレイやその他の機器をリモートで更新したりすることの全てを安全で安心なデジタル環境の下で行うことが可能です。

リフト ホーク

エレベータの技術者にとって共通の問題は、「サービス停止中」のエレベータを確認するために現場に呼ばれることですが、エレベータは「到着時に運転中」であることがよくあります。リフト ホークは、メンテナンス会社が、エレベータが本当に「サービス停止中」であるかどうかを素早く簡単に遠隔地から確認できることを意味します。

PRP

比類ない後付けディスプレイソリューション。より少ない配線・時間・手間を実現します。 E-Motive PRPは注目を集めるディスプレイソリューションに簡単にアップグレードするための唯一のオプションです。

MRP

ナビゲーションボックス付きのMRPは、マルチメディアコンテンツを迅速かつ簡単なインストールでエレベータにもたらします。 COP(カー・オペレーション・パネル)全体の交換、コントローラーへの配線、または正しいリフトプロトコルの使用を心配することなく、ディスプレイを更新します。

パナクローム プラス

接続されたパナクローム プラスは、世界で最も完成度の高いエレベータドアのセーフティーメカニズムです。 このプレミアムライトカーテンには、ドアの動きを強調する赤と緑のインジケータが付いています。

 

1G~4Gまでの通信規格の歴史とは?

1G~4Gまでの通信規格の歴史とは?

モノをインターネットにつなぐIoT化がエレベータも進んでいます。そこで今一度、1G~4Gにおける通信規格の違いや成り立ちを確認しませんか?
世界から見るエレベータの歴史

世界から見るエレベータの歴史

今や私たちの生活にかかせないエレベータは、
誰がどのように作り、発展し、現在の姿になったのか。
その歴史を簡単にご紹介します!
The Most Effective Elevator Door-Edge Safety Systems with LED and 3D Technologies

The Most Effective Elevator Door-Edge Safety Systems with LED and 3D Technologies

Light curtains for elevator door edges have been the established technology for protecting passengers from door impacts for many years. Their usage is described in the relevant codes in many regions and some basic light curtains can meet the standards.
Advertising on elevator LCD displays

Advertising on elevator LCD displays

LCD display installations are becoming much more popular when replacing traditional dot matrix displays. With the growth of LCD displays there is clearly an improved visual benefit as you can display richer graphical content but there is also the opportunity for advertising on screens. This can be specifically targeted at demographics based on the installation space.
Smart Elevators Use Cloud Computing

Smart Elevators Use Cloud Computing

Cloud computing is the delivery of computing services – servers, storage, databases, networking, software, analytics and more – over the Internet (“the cloud”).
Analogue to fibre… What does this mean for the lift industry?

Analogue to fibre… What does this mean for the lift industry?

Lift emergency phone regulations require that emergency-communication phones be available at all times for lift passengers in the event they become trapped in a lift. Traditionally this requirement is met with the employment of fixed landlines as the means of transmission for lift emergency phones.
Lift Connectivity

Lift Connectivity

Connectivity within the lift industry using the latest elevator technology provides many benefits to providers, owners, and passengers, leading to a broader understanding of lift use and maintenance.
When will 2G networks be turned off?

When will 2G networks be turned off?

The implementation of faster and more efficient 3G and 4G networks have reduced the demand for 2G. Providers have reassessed the need to provide 2G and are gradually decommissioning the 2G network.
Cellular Technology for Elevator Emergency Phones

Cellular Technology for Elevator Emergency Phones

With the evolution of cellular technology, the case for employing mobile phones in elevator communications has become compelling. In this article, we address many common concerns regarding the use of cellular to provide service to elevator emergency phones.
Energy-efficiency and Lifts

Energy-efficiency and Lifts

Lifts typically use 3 to 5% of the overall energy consumption of a building. Can we reduce this significant energy consumption and develop green, energy-efficient lifts?
Radio Equipment Directive (RED) – Overview and Impact for Lifts

Radio Equipment Directive (RED) – Overview and Impact for Lifts

The Radio Equipment Directive (RED) establishes a regulatory framework for “making available on the market” and “putting into service” radio equipment in the European Union.  It replaced the prior directive (R&TTE 1999/5/EC) and was effective 13 June 2017.
Light Immunity Explained

Light Immunity Explained

How do Avire’s light curtains achieve enhanced light immunity?
Lift door safety

Lift door safety

When selecting a suitable light curtain for your lift door safety application it is important to consider several factors before making your decision. Diode count, number of beams and response time all play a part in determining the relative performance of a particular detector, and no feature should be judged in isolation.
Elevator Safety, Door Edges & EN81 Lift Standards

Elevator Safety, Door Edges & EN81 Lift Standards

As of September 2017 all new lifts must comply with EN81-20 and EN81-50 Elevator Standards. These standards were approved in 2014 to replace EN81-1 and EN81-2, and after a grace period for the elevator maintenance and installation industry to prepare, these elevator standards are now mandatory for all new lifts.
EN81-20 Detectors

EN81-20 Detectors

In August 2014 two new standards covering lift design (EN 81-20:2014) and installation requirements (EN 81-50:2014) were released in Europe. These replace EN 81-1:1998+A3:2009 and EN 81-2:1998+A3:2009, which were 15 years old and needed upgrading to comply with modern safety requirements. It is expected that the new standards will also be adopted in China, South America and Australia.