エレベーター業界もモノのインターネット(IoT)に向かって進むにあたり、通信規格を理解することは重要です。
ワイヤレスのセルラーネットワークは、1980年代1Gが誕生して以降使われています。 それ以来も技術革新が進み、現在は4G LTEやVoLTE技術などが使われています。この記事では、今日利用可能な現在の通信規格の違いについて説明します。

 

主な通信規格について

1G

1Gとは「 First-Generation 」という言葉から成り、日本語に訳すと第一世代であり、最初のワイヤレスセルラーテクノロジーです。 1980年代に誕生した1Gは、アナログ通信規格を導入し、モバイル通信の基礎となりました。 1Gは電波塔に接続するためにデジタルシグナルを使用しましたが、音声通話は2Gが使われるまでアナログであり、その後1Gは時代遅れになりました。

 

2G

1991年には2Gの使用がはじまり、音声通話のデジタル化を導入することにより1Gに取って代わりました。 またデータサービスとSMSも可能となりました。しかしながら、データ速度は非常に遅く、インターネットへのアクセスはまだ不可能でした。
ヨーロッパでは、まだ多くのGSMがベースとなる技術に2Gが使用されていますが、これがすべての国や地域に当てはまるわけではありません。 オーストラリアやニュージーランドなどその他多くの国でもすでに2Gネットワークが廃止されています。 ヨーロッパが2Gネットワークの廃止に従うかどうかについては議論がありますが、まだ多くの機器が2Gを使用している事実があります。

2.5G

2Gが最初のデータサービスを導入したとき、音声とデータ両方のニーズがありました。 フルデータ対応ネットワークへの移行には時間がかかるため、2.5Gが中間として発明され、GPRS(General Packet Radio Service)とも呼ばれました。2.5Gはインターネットへのアクセスに適したパケット交換を可能にしました。

3G

3Gは、データ対応サービスの需要を満たすために開発されました。音声とボイスストリーミングが強化され、音声とモバイルの両方のアクセスのデータレートが向上します。 ビデオ会議などの他の機能も可能となり、携帯電話だけでなく他のGSMベースの機器でも様々な通信が可能となりました。

4G

現在の最新の通信規格は4Gです。 4G LTE(Long Term Evolution)とも呼ばれ、3Gよりもデータレートやクオリティが向上しました。 4Gの目標は最低100Mbpsのデータ転送速度を実現することですが、一部の地域では通信環境の問題により4Gが3Gや2Gに落ちてしまうこともあります。特に音声通話をよりよく見られる現象です LTEを介して音声通信を行うと品質が向上することが判明したのは4Gの導入後初めてです。これは、VoLTE、またはVoice over LTEとして知られています。

 

上記のように、通信規格に関してはいくつかの選択肢があります。 2Gと3Gは、依然としてGSM機器に広く使用されており、信頼性の高さが証明されています。 4Gはデータ速度と音質の改善を実現しましたが全ての機器に組み込まれるにはまだ改善すべき点がいくつかあるのが現状です。
※2019年1月現在

Share article

関連製品

お問い合わせ

お問い合わせ