カスタマーサポート

よくある質問

ライトカーテン

パナクローム プラス

ライトカーテンはどのように機能するのでしょうか?

各ライトカーテンセットには、送信エッジ(TX)と受信エッジ(RX)が含まれます。 TXには順番に点灯する赤外線LEDの配列が含まれ、RXにはLEDの周波数に合わせて調整された光電ダイオードの配列が含まれます。これらは、平行または斜めのビームパターンを生成する光を順番に受け取ります。オブジェクトがビームの1つをブロックすると、RXはドアコントローラにトリガー信号を送信し、ドアが再び開きます。

ライトカーテンは日光の影響を受けますか?

Avireのライトカーテンは、日光からの潜在的な干渉を最小限に抑えるように設計されています。任意の光源からの赤外線が受信ダイオードに干渉する可能性があり、これにより通常、ライトカーテンの動作範囲の最大制限が設定されます。ドアの幅が指定範囲外で、日光を含む多くの光源がある設置では、ライトカーテンの性能が低下する場合があります。

マルチドアエレベータにおけるインストール

マルチドアのエレベータでは、設置者が2つの検出器セットを配置して、2つの間のクロストークの可能性を最小限に抑えることをお勧めします。ドアが互いに隣接している場合は、リフトの同じコーナーに2つのトランスミッター(TX)エッジを取り付けます。ドアがカゴの反対側にある場合は、カゴの対角線上の反対側の角に2つのTXエッジを取り付けます。

3D検出

検出器のエッジ間の2D検出に加えて、パナクロームおよびパナ40 プラス製品は着陸にまで及ぶ3D検出機能も提供できます。これは、エレベータドアの近くの障害物からの反射でトリガーされます。ドアが開閉すると、着陸の検出ゾーンが変化することに注意してください。

診断出力は何のためですか?

診断出力は、検出器のトリガー出力と並行して機能する2番目の独立した出力です。 EN81-20規格では、検出ゾーン内で常に50mmの物体を検出する必要があります。これを超えると、エレベータを使用し続ける場合にドアが低エネルギーモードになります。ダイオードがブロックされたり破損したりすると、50mmの物体が検出されないギャップが生じる可能性があるため、このダイオードのタイムアウトはEN81-20準拠とは見なされない場合があります。診断出力は、単一のダイオードの閉塞によって永久的な動作を引き起こすのではなく、ドアの低エネルギーモードを始動させ、ブロックされたダイオードをタイムアウトモードにすることができます。残りのダイオードは通常どおり動作し、エレベータは引き続き使用でき、検出はEN81-20に準拠したままです。

エッジ間のズレ

Avire検出器は、検出器ペア間のズレ(不整合)を考慮して設計されています。これは角度と横方向の両方です。ただし、システムの感度を最大化するために、インストール中に可能な限り2つのエッジを揃えることをお勧めします。

電源またはコントローラを使用する必要があるのはいつですか?

パナクロム製品は、コントローラと一緒に使用する必要があります。これは、インストール中の構成、および障害検出時の診断に役立ちます。

タイムアウトモードとは何ですか?

ダイオードが永続的に反応(トリガー)状態となると、タイムアウトモードによりエッジがそれを無効にし、残りのダイオードを通常どおり動作させることができます。これにより、損傷またはブロックされたダイオードが永続的な反応を引き起こすのを防ぎます。タイムアウトモードでは、上下のダイオードを無効にすることはできません。また、5つを超えるダイオードまたは2つの隣接するダイオードを無効にすることもできません。これらの場合、検出器は永久トリガーのままです。 EN81-20標準は、有効なタイムアウトモードと互換性がないと解釈できることに注意してください。 Avireの製品は、タイムアウトと組み合わせて2番目の診断出力を使用して互換性を維持できます。

自動ビーム無効化(ABD)とは何ですか?

ドアの開閉機構が検出ゾーンまで下がっているエレベータでは、この機能を使用して、送信および受信エッジの上部近くのダイオードを非アクティブにしました。この機能は、検出領域が敷居から少なくとも1600mmに達すると定義しているため、EN81-20規格によって主に冗長化されています。このしきい値を下回ると、ダイオードが非アクティブ化されなくなります。

固定および動態的取り付け

パナ40 プラスおよびEシリーズ製品は、動態的にエレベータドアに、あるいはエレベータのシャーシに固定して取り付けることができます。これらの製品は汎用性が高く、どのインストールでも使用できるように設計されています。ただし、パナクロームおよびパナ40 プラス 3D製品は、3D保護および視覚的インジケータの影響を最大化するために、ドアの端に動態的に設置するように設計されています。動態的設置は、ドアリターンがライトカーテンを取り付けるのに十分な深さでないエレベータでは困難な場合があります。この場合、固定クランプを使用できます。 Avireは、ドアシルに取り付ける一連の静的固定キットも提供しています。一度インストールすると、自分で作業している場合でも、将来的に検出器を交換するのは簡単です。

保証

Memcoのすべてのライトカーテンには、Avireの販売条件に従い、標準で2年間の保証期間があります。

検出器のビーム数が重要なのはなぜですか?

ビームの数が多いほど、ビームで検出できるアイテムのサイズが小さくなります。

コントローラーボックスのどちら側に差し込んでも問題はいのに、TX検出器が左側にあることが重要なのはなぜですか?

コントローラは、どの検出器のエッジが各ソケットに接続されているかを識別し、自動的に設定が行われるように設計されています。 3Dバリアントのビームの位置合わせは、ビームが他の方法で取り付けられた場合、着陸ではなくカゴ車にビームを照射することを意味します。

障害物は何もないのにドアが閉じません。なぜ閉じないのでしょう?

設置シートをチェックして、検出器の位置合わせを含む正しい設置を確認します。それらが正しい場合は、ダイオードをブロックしている検出器に何かが詰まっているか、ダイオードが故障している可能性があります。

ライトの1つが機能していません。交換用の電球を購入できますか?

検出器のLED(発光ダイオード)は交換できません。

パナクローム プラスの設置は特定のメーカーのエレベータに限定されていますか?

 いいえ。パナクローム プラスは、エレベータまたはライトカーテンに損傷を与えずに検出器ストリップの物理的寸法が満たされている限り、あらゆるリフトで使用できます。ライトカーテンがランディングロックに侵入しないようにしてください。

パナクローム プラスは屋外に設置されたエレベータで使用できますか?

いいえ。パナクローム プラスの機能は防水ではなく耐水ですので、水が浸入する可能性のある場所に配置しないでください。

Panachrome +には赤と緑のライトがありますが、他の色も利用できますか?

赤と緑はストップ&ゴーとして広く認識されており、これらは製品の標準色です。別の色が必要な場合は、担当者にご連絡ください。ご要望にお答え出来るかを相談させていただきます。

検出器ストリップが故障した場合、コントローラーユニットも交換する必要がありますか?

同じバージョンのライトカーテンと交換する場合、コントローラユニットを変更する必要はありません。ご不明な場合は、当社の技術チームにご確認ください。

パナクローム プラスの動作状況を監視出来ますか。

接続されたパナクローム プラスをインストールすると、アヴァイア ハブを介してライトカーテンのパフォーマンスを監視することができます。ドアのサイクル数測定し、タイムアウトしたダイオードに関する情報取得し、ドアをブロックしているものがあるか否かなどの確認が可能です。

パナクローム プラスとパナクロームに違いはありますか。

はい。パナクローム プラスは根本的に異なり、最新のEN81-20規格に準拠しています。

パナ40 プラス

ライトカーテンはどのように機能するのでしょうか?

各ライトカーテンセットには、送信エッジ(TX)と受信エッジ(RX)が含まれます。 TXには順番に点灯する赤外線LEDの配列が含まれ、RXにはLEDの周波数に合わせて調整された光電ダイオードの配列が含まれます。これらは、平行または斜めのビームパターンを生成する光を順番に受け取ります。オブジェクトがビームの1つをブロックすると、RXはドアコントローラにトリガー信号を送信し、ドアが再び開きます。

ライトカーテンは日光の影響を受けますか?

Avireのライトカーテンは、日光からの潜在的な干渉を最小限に抑えるように設計されています。任意の光源からの赤外線が受信ダイオードに干渉する可能性があり、これにより通常、ライトカーテンの動作範囲の最大制限が設定されます。ドアの幅が指定範囲外で、日光を含む多くの光源がある設置では、ライトカーテンの性能が低下する場合があります。

マルチドアエレベータにおけるインストール

マルチドアのエレベータでは、設置者が2つの検出器セットを配置して、2つの間のクロストークの可能性を最小限に抑えることをお勧めします。ドアが互いに隣接している場合は、リフトの同じコーナーに2つのトランスミッター(TX)エッジを取り付けます。ドアがカゴの反対側にある場合は、カゴの対角線上の反対側の角に2つのTXエッジを取り付けます。

診断出力は何のためですか?

診断出力は、検出器のトリガー出力と並行して機能する2番目の独立した出力です。 EN81-20規格では、検出ゾーン内で常に50mmの物体を検出する必要があります。これを超えると、エレベータを使用し続ける場合にドアが低エネルギーモードになります。ダイオードがブロックされたり破損したりすると、50mmの物体が検出されないギャップが生じる可能性があるため、このダイオードのタイムアウトはEN81-20準拠とは見なされない場合があります。診断出力は、単一のダイオードの閉塞によって永久的な動作を引き起こすのではなく、ドアの低エネルギーモードを始動させ、ブロックされたダイオードをタイムアウトモードにすることができます。残りのダイオードは通常どおり動作し、エレベータは引き続き使用でき、検出はEN81-20に準拠したままです。

エッジ間のズレ

Avireの検出器は、検出器ペア間のズレ(不整合)を考慮して設計されています。これは角度および横方向の双方です。ただし、システムの感度を最大化するために、インストール中に可能な限り2つのエッジを揃えることをお勧めします。

電源またはコントローラを使用する必要があるのはいつですか?

Pana40 +およびPanachrome製品はコントローラとともに使用する必要があります。これは、インストール中の構成、および障害検出時の診断に役立ちます。 Eシリーズは、ドアコントローラに直接配線するか、設置者の裁量によって電源ボックスを介して配線することができます。電源にはトリガー出力用のリレーが含まれており、検出器用の主電源AC電圧をDCに変換するためにも使用することができます。

タイムアウトモードとは何ですか?

ダイオードが永続的に反応(トリガー)状態となると、タイムアウトモードによりエッジがそれを無効にし、残りのダイオードを通常どおり動作させることができます。これにより、損傷またはブロックされたダイオードが永続的な反応を引き起こすのを防ぎます。タイムアウトモードでは、上下のダイオードを無効にすることはできません。また、5つを超えるダイオードまたは2つの隣接するダイオードを無効にすることもできません。これらの場合、検出器は永久トリガーのままです。 EN81-20標準は、有効なタイムアウトモードと互換性がないと解釈できることに注意してください。 Avireの製品は、タイムアウトと組み合わせて2番目の診断出力を使用して互換性を維持できます。

自動ビーム無効化(ABD)とは何ですか?

ドアの開閉機構が検出ゾーンまで下がっているエレベータで、この機能は送信および受信エッジの上部近くのダイオードを非アクティブにするために用いられていました。この機能は、検出領域が敷居から少なくとも1600mmに達すると定義しているため、EN81-20規格によって大幅に冗長化されています。このしきい値を下回ると、ダイオードが非アクティブ化されなくなります。

固定および動態的取り付け

パナ40 プラスおよびEシリーズ製品は、動態的にエレベータドアに、あるいはエレベータのシャーシに固定して取り付けることができます。これらの製品は汎用性が高く、どのインストールでも使用できるように設計されています。ただし、パナクロームおよびパナ40 プラス 3D製品は、3D保護および視覚的インジケータの影響を最大化するために、ドアの端に動態的に設置するように設計されています。動態的設置は、ドアリターンがライトカーテンを取り付けるのに十分な深さでないエレベータでは困難な場合があります。この場合、固定クランプを使用できます。 Avireは、ドアシルに取り付ける一連の静的固定キットも提供しています。一度インストールすると、自分で作業している場合でも、将来的に検出器を交換するのは簡単です。

保証

Memcoのすべてのライトカーテンには、Avireの販売条件に従って、標準で2年間の保証期間があります。すべてのTLジョーンズライトカーテンには、標準として1年間の保証期間があります。特に明記しない限り、これらは確定しています。

Pana40プラスはEN81-20に準拠していますか?

はい、Pana40 PlusはEN81-20に準拠した製品です。

Pana40 Plus検出器ストリップを異なる高さで購入できますか?

いいえ。ただし、必要がある場合は、何らかのお手伝いが出来る可能性について話し合うために弊社担当者までご連絡ください。

E シリーズ

ライトカーテンはどのように機能するのでしょうか?

各ライトカーテンセットには、送信エッジ(TX)と受信エッジ(RX)が含まれます。 TXには順番に点灯する赤外線LEDの配列が含まれ、RXにはLEDの周波数に合わせて調整された光電ダイオードの配列が含まれます。これらは、平行または斜めのビームパターンを生成する光を順番に受け取ります。オブジェクトがビームの1つをブロックすると、RXはドアコントローラーにトリガー信号を送信し、ドアが再び開きます。

ライトカーテンは日光の影響を受けますか?

Avireのライトカーテンは、日光からの潜在的な干渉を最小限に抑えるように設計されています。任意の光源からの赤外線が受信ダイオードに干渉する可能性があり、これにより通常、ライトカーテンの動作範囲の最大制限が設定されます。ドアの幅が指定範囲外で、日光を含む多くの光源がある設置では、ライトカーテンの性能が低下する場合があります。

マルチドアエレベータにおけるインストール

マルチドアのエレベータでは、設置者が2つの検出器セットを配置して、2つの間のクロストークの可能性を最小限に抑えることをお勧めします。ドアが互いに隣接している場合は、リフトの同じコーナーに2つのトランスミッター(TX)エッジを取り付けます。ドアがカゴの反対側にある場合は、カゴの対角線上の反対側の角に2つのTXエッジを取り付けます。

診断出力は何のためですか?

診断出力は、検出器のトリガー出力と並行して機能する2番目の独立した出力です。 EN81-20規格では、検出ゾーン内で常に50mmの物体を検出する必要があります。これを超えると、エレベータを使用し続ける場合にドアが低エネルギーモードになります。ダイオードがブロックされたり破損したりすると、50mmの物体が検出されないギャップが生じる可能性があるため、このダイオードのタイムアウトはEN81-20準拠とは見なされない場合があります。診断出力は、単一のダイオードの閉塞によって永久的な動作を引き起こすのではなく、ドアの低エネルギーモードを始動させ、ブロックされたダイオードをタイムアウトモードにすることができます。残りのダイオードは通常どおり動作し、エレベータは引き続き使用でき、検出はEN81-20に準拠したままです。

エッジ間のズレ

Avireの検出器は、検出器ペア間のズレ(不整合)を考慮して設計されています。これは角度および横方向の双方です。ただし、システムの感度を最大化するために、インストール中に可能な限り2つのエッジを揃えることをお勧めします。

電源またはコントローラを使用する必要があるのはいつですか?

Eシリーズは、ドアコントローラへの直接配線か、設置者の裁量で電源ボックスを介して配線することができます。電源にはトリガー出力用のリレーが含まれており、検出器用の主電源AC電圧をDCに変換するためにも使用できます。

タイムアウトモードとは何ですか?

ダイオードが永続的に反応(トリガー)状態となると、タイムアウトモードによりエッジがそれを無効にし、残りのダイオードを通常どおり動作させることができます。これにより、損傷またはブロックされたダイオードが永続的な反応を引き起こすのを防ぎます。タイムアウトモードでは、上下のダイオードを無効にすることはできません。また、5つを超えるダイオードまたは2つの隣接するダイオードを無効にすることもできません。これらの場合、検出器は永久トリガーのままです。 EN81-20標準は、有効なタイムアウトモードと互換性がないと解釈できることに注意してください。 Avireの製品は、タイムアウトと組み合わせて2番目の診断出力を使用して互換性を維持できます。

自動ビーム無効化(ABD)とは何ですか?

パナ40 プラスおよびEシリーズ製品は、動態的にエレベータドアに、あるいはエレベータのシャーシに固定して取り付けることができます。これらの製品は汎用性が高く、どのインストールでも使用できるように設計されています。ただし、パナクロームおよびパナ40 プラス 3D製品は、3D保護および視覚的インジケータの影響を最大化するために、ドアの端に動態的に設置するように設計されています。動態的設置は、ドアリターンがライトカーテンを取り付けるのに十分な深さでないエレベータでは困難な場合があります。この場合、固定クランプを使用できます。 Avireは、ドアシルに取り付ける一連の静的固定キットも提供しています。一度インストールすると、自分で作業している場合でも、将来的に検出器を交換するのは簡単です。

固定および動態的取り付け

パナ40 プラスおよびEシリーズ製品は、動態的にエレベータドアに、あるいはエレベータのシャーシに固定して取り付けることができます。これらの製品は汎用性が高く、どのインストールでも使用できるように設計されています。ただし、パナクロームおよびパナ40 プラス 3D製品は、3D保護および視覚的インジケータの影響を最大化するために、ドアの端に動態的に設置するように設計されています。動態的設置は、ドアリターンがライトカーテンを取り付けるのに十分な深さでないエレベータでは困難な場合があります。この場合、固定クランプを使用できます。 Avireは、ドアシルに取り付ける一連の静的固定キットも提供しています。一度インストールすると、自分で作業している場合でも、将来的に検出器を交換するのは簡単です。

保証

Memcoのすべてのライトカーテンには、Avireの販売条件に従って、標準で2年間の保証期間があります。すべてのTLジョーンズライトカーテンには、標準として1年間の保証期間があります。特に明記しない限り、これらは確定しています。

EliteインストールにおけるEシリーズとの置き換え

極性は、既存の配線または既存の製品の部品番号から判断が可能です。製品–エリートの部品番号には、NPN-N / Cの場合は080、NPN-N / Oの場合は090、PNP-N / Cの場合は180、PNP-N / Oの場合は190が含まれます。Eシリーズの交換製品を使用して、インストールされているエリートを交換できます

EシリーズはEN81-20に準拠していますか?

EN81-20に準拠したバージョンのEシリーズがあります。 これらには、E10 36、E40 36、E10 40、およびE40 40が含まれます。

エレベータ用非常電話

DCP(デジタル・コミュニケーション・プラットフォーム)

DCPはどこにインストールされていますか?

DCPは、常に機械室内またはMRL設置のリフトシャフトの上部に取り付けられる必要があります。

DCPのプログラムはどうすればよいですか?

システムのすべてのプログラミングは、Avire Hubからリモートで実行されるか、機械室または制御キャビネットのメインユニットで実行されます。

オーディオユニットをカゴ内またはエレベータピットで接続するにはどうすればよいですか?

カゴ内および/またはピットのデジタルオーディオユニットは、4線CANバスシステムを介してDCPに接続します。すべての技術コールと設定コールは、セルラーネットワークのデータチャネルを介して送信されるため、音声通話コストが削減され、信頼性が大幅に向上します。

緊急通信以外でDCPに接続 できる他のAvireデバイスは何ですか?

リフトホーク(Lift HAWK)をDCPに接続すると、エレベータのリモートテストが可能になります。接続されたパナクロームプラスを接続して、ライトカーテンのパフォーマンスをリモートで監視することもできます。詳細については、スマートエレベータのページをご覧ください。

DCPはEN81-28に準拠していますか?

はい。DCPは、付属品とともにインストールされ、Avire Hubを介して監視される場合、EN81-28に準拠しています。

固定電話ではなくGSMを使用する利点は何でしょうか?

1)経費 定額ビジネス固定電話における毎月の回線レンタルは、事業者と国によって異なりますが、通常は月額30ユーロから60ユーロです。それに比べて、GSM / GPRSデバイス用の一般的なSIMパッケージは50〜75%安価です。典型的なデバイスの寿命を通して、GSM / GPRSデバイスのランニングコストは、固定電話よりも数百ユーロ低くなる可能性があります。 2) 設置に要する時間 携帯電話通信機器は、エンジニアがインストールし、すぐにアクティブにすることができます。そのため、もはやエレベータ会社は多くの場合新しい建物や建設中の場所では利用できず、機械室の近くにルーティングされることはめったになかった固定回線の設置で通信会社に依存をすることがなくなりました。 3) データ(「データv DTMF」に関する以下のセクションもご参照ください) データチャネルをサポートするGSMでは、エレベータ据付の機器からリモート監視プラットフォームにデジタル情報を転送できます。データは、アナログ通信タイプ(DTMFなど)よりも信頼性が高く、さまざまなデバイスを接続できます。

DTMFと比較した場合のデータの利点は何ですか?

1) 信頼性 DTMF転送は、1960年代初期に固定電話回線を介して情報を転送するために開発されました。 携帯電話通信は、従来の電話ハードウェアをサポートするためにDTMFを実装しましたが、携帯電話通信ではDTMFトーンを圧縮するため、受信機器で認識されない歪んだトーンが発生する可能性があります. 携帯電話通信の各世代においては、DTMFに対してより低いレベルのサポートを提供していました。 DTMFはますますテクノロジーの過去の遺産と見なされるようになり、DTMF転送のサポートは将来のある時点で廃止されることが予測されています(日付は地域および通信プロバイダーによって異なります)。 対照的に、データは、「つながる世界」のますます重要な部分であり、プロバイダーはこの分野への投資を続けています。

メムコム プラス

メムコムプラス エレベータ緊急電話はどこにインストールされていますか?

メムコムプラスはカゴ上部に取り付けられています。

同じ電話回線にいくつのメムコムプラスユニットをインストールできますか?

同じ電話回線に8つのメムコムユニットをインストールすることができます。

メムコムプラスはどのようにプログラミングするのでしょう?

メムコムは、ユニットの前面にあるディスプレイとキーパッドを使用してプログラムされます。使いやすいスクロールメニューがあり、製品のすべてのパラメータを迅速に設定できます。

メムコムプラスはEN81-28に準拠していますか?

はい。メムコムプラスは、付属品とともにインストールされ、アヴァイアハブAvire Hubを介して監視されている場合、EN81-28に準拠しています。

電源に障害が発生しても、メムコムは動作しますか?

メムコム電源が取り外されると、ユニットはバッテリーバックアップに切り替わります。 メムコムを完全にオフにするには、ユニットがオフになるまでメムコムキーパッドの#ボタンを押し続けます。

ガイド付きメッセージとは何ですか?

ガイド付きメッセージでは、オペレーターが電話に応答したときにメムコムが事前に録音されたガイダンスメッセージを再生し、電話に応答する方法を指示します。スクロールメニューでこのオプションを選択すると、ガイダンスメッセージが有効になります。

ガイドなしメッセージとは何ですか?

ガイドなしメッセージは、アラームコールが受信されたとき事前に録音されたメッセージがオペレータに再生されないことを意味し、双方向通信を直接開きます。スクロールメニューでこのオプションを選択することで有効になります。

緊急通信以外で、他のどのアヴァイアデバイスをメムコム プラスに接続できますか?

リフト ホークをメムコム プラスに接続すると、エレベータのリモートテストが可能になります。

ホットラインとは何ですか?

「ホットダイヤル」は特別に構成された情報交換機能で、電話が「オフフック」になるとすぐに、事前に設定された番号を自動的にダイヤルします。 メムコムは定期的に電話回線を自動的にテストします。これにより、自動的に呼び出しが行われます。これらの状況では、回線監視をオフにする必要があります。 メムコムでホットダイヤルコールを有効にするには、** 4をアラーム番号1として使用し、ラインモニタリングをオフにします。これは、メムコムメニュー、「H / Wモニタリング」に入り、電話回線のチェックを外すか、初期のモデルではオプションH / W mon 39を35にします。

に通話をキャンセルするにはどうすればよいですか?

#キーを押し続けると、ディスプレイにユニットのリセットが表示され、通話が終了します。

メムコムが呼び出しをおこなわない場合はどうすればよいですか?

この状況にはいくつかの理由がありますが、最も一般的な原因は電話回線がアクティブでないことです。受話器を接続して電話をかけ、電話回線の状態を確認します。回線の問題については、常にアヴァイアサポートに連絡することをお勧めします。

メムコムは、アラームボタンがメムコムの端子9および15に配線されていると、ダイアルアウト(発信)をし続けます。このような場合はどうしたらよいでしょうか?

この現象は、アラームボタンのコンタクトがノーマリークローズ(Normally Closed)であるために発生する可能性がありますが、設定で変更が可能です。([設定]> [システム構成]、[N / C]を選択 Settings> System Config, select N/C)(初期設定はノーマリーオープンNormally open)。また、ホットラインもこの現象を引き起こすことがあります。「ホットライン」の項目を参照してください。

アラームボタンが機能しないのはなぜですか?

アラームプッシュボタンが十分に長く押されていない可能性があります。 [遅延]> [カゴの遅延] ( Delays> In Car Delay)で、設定されている遅延を確認します。初期設定は3秒です。適宜調整しますが、0には設定しないでください。

メムコム アラームの連絡先が機能しているかどうかを確認するにはどうすればよいですか?

メムコムターミナル9と15をワイヤーでショートさせると、メムコムは5秒後にダイヤルアウト(発信)します。これが発生しない場合は、カゴの遅延設定を確認し、追加のサポートを求めるアヴァイアの呼び出しではない場合にアラームのトリガーを防ぐ機能であるドアフィルタが使用されていないことを確認します(メムコムに接続されたターミナル13)。

ディスプレイ

PSP

PSPとは何ですか?

PSPは、E-MotiveのカラーLCDディスプレイで、画像とテキストのコンテンツのみが含まれます。

PSPはどこにマウントできますか?

PSPは、乗場またはエレベータのかご内(理想的にはCOP)に取り付けるのに最適です。

PSPディスプレイはエレベータとどのように通信しますか?

PSPは、プロセッサにある12個の個別の入力を介してエレベータとの通信が可能です。

ディスプレイ画面のレイアウトを更新するにはどうすればよいですか?

PSPの更新は、USBを介して、また設置がある場合はDCPを使用して行うことができます。

このディスプレイでテレビとビデオをストリーミングすることはできますか?

PSPは画像とテキストコンテンツ用のLCDディスプレイであるため、TVとビデオをストリーミングすることはできません。TVやビデオストリーミング機能については、マルチメディアの項目を参照してください。

どのようなネットワーク通信が利用可能ですか?

ネットワーク通信は、Memco DCPに接続されている時にAvireのMKCANbusプロトコルを介してのみ提供されます。

10.4インチより大きい画面サイズが必要な場合はどうなりますか?

10.4インチを超えるディスプレイについては、当社マルチメディア製品をご参照ください。

提供されている画面サイズを教えてください。

画面サイズ5.6インチ、7インチ、8インチ、10.4インチのご用意があります。

PRP

PRPとは何ですか?

PRPは、E-Motiveの表面実装レトロカラーLCDディスプレイで、画像とテキストコンテンツのみを備えており、古いあるいは破損したドットマトリックスディスプレイの交換品として最適です。

PRPはどのように取り付けられていますか?

PRPは、既存または事前にカットされた40x40mmの穴に表面実装されており、リボンケーブルがプロセッサとディスプレイを接続する際に通過できるようにします。

PRPディスプレイは、表示する正しいエレベータ情報をどのように認識しますか?

PRPは、プロセッサにある12個の個別の入力を介してカゴの位置、運行方向およびリフトの状態を表示することができます。あるいは、ナビゲーションボックスがディスプレイに接続されている場合、PRPはリフトコントローラから情報を取得することなく、カゴ位置と運行方向を表示することができます。

ディスプレイ画面のレイアウト更新はどうすればよいですか?

PRPの更新は、USBを介して、また設置がある場合はDCPを使用して行うことができます。

このディスプレイでテレビとビデオをストリーミングすることはできますか?

PSPは画像とテキストコンテンツ用のLCDディスプレイであるため、TVとビデオをストリーミングすることはできません。TVやビデオストリーミング機能については、マルチメディアの項目を参照してください。

どのようなネットワーク通信が利用可能ですか?

ネットワーク通信は、Memco DCPに接続されている時にAvireのMKCANbusプロトコルを介してのみ提供されます。

10.4インチより大きい画面サイズが必要な場合はどうなりますか?

10.4インチを超えるディスプレイについては、当社マルチメディア製品をご参照ください。

iS2LX

iS2LXとは何ですか?

iS2LXは、マルチメディアコンテンツを提供するE-MotiveのカラーLCDディスプレイです。

提供されている画面サイズを教えてください。

10.4”、12.1”、15”、15.6”、18.5”、19”、21.5”の画面サイズをご用意しています。

どのようなネットワーク通信が利用可能ですか?

すべてのiS2LXディスプレイには、イーサネットポートが組み込まれています。

このディスプレイでテレビとビデオをストリーミングすることはできますか?

はい、このディスプレイはテレビ(ビデオサーバを使用)とサポートされているビデオファイルをストリーミングすることができます。

iS2LXではどのビデオ形式がサポートされていますか?

iS2LXではMPG、Mpeg 1、2、4、AVI形式がサポートされています。

iS2LX画面にアップロードできるビデオのサイズを教えてください。

メモリカードのサイズは1GBのみであるため、iS2LXディスプレイにアップロードできるビデオのサイズは800MB未満である必要があります。

ビデオのサイズが1GBを超える場合はどうなりますか?

ビデオが1GBを超える場合は、iS2LXにアップロードするためにビデオを小さいサイズに変換する必要があります。

画面レイアウトをリモート操作で変更することは可能ですか?

はい、個々のディスプレイで利用可能なネットワーク通信を使用して、画面レイアウトをリモートで変更することができます。

iS2LXディスプレイはエレベータとどのように通信しますか?

リフトコントローラがiS2LXで情報を収集して表示するには、E-Motiveエンコーダが必要です。

iS2LXディスプレイにはどのようなアイテムが含まれていますか?

iS2LXには以下のアイテムが含まれています。 – 12v電源 – スピーカー – インストールガイド – 5m VGAケーブルまたはHDMIケーブル

パノラマ

パノラマディスプレイとは何ですか?

パノラマディスプレイは、E-MotiveのカラーLCDディスプレイで、マルチメディアの超ワイドなスクリーンビューを提供します。

提供されている画面サイズを教えてください。

19インチ、28インチ、38インチの画面サイズをご用意しています。

どのようなネットワーク通信が利用可能ですか?

ネットワーク通信はRS 422またはイーサネットです。

このディスプレイでテレビとビデオをストリーミングすることはできますか?

はい、このディスプレイはテレビ(ビデオサーバーを使用)とサポートされているビデオファイルをストリーミングできます。

画面レイアウトをリモート操作で変更することは可能ですか?

はい、ディスプレイで利用可能なネットワーク通信を使用して、画面レイアウトをリモートで変更することができます。

パノラマディスプレイはエレベータとどのように通信しますか?

エレベーターコントローラがパノラマの情報を収集して表示するには、E-Motiveエンコーダが必要です。

パノラマにはどのようなアイテムが含まれていますか?

パノラマには以下のアイテムが含まれています: – 110V / 230Vスイッチング電源 – USBステレオスピーカー – インストールガイド – 5m VGAケーブル

パナタッチ

この製品はDDAに準拠していますか?

この製品をDDA準拠とするにはDDAキーパッドも提供する必要があります。詳しくは弊社営業担当者にお問い合わせください。

パナタッチはいくつの入力をサポートしていますか?

標準のPanaTouchは16個のI/Oをサポートしますが、お客様がさらに必要とされる場合は、要件を満たす追加のI/Oボードをご提供することができます。

パナタッチの壁紙とレイアウトを変更することはできますか?

はい、ディスプレイレイアウトはニーズに合わせた構成が完全に可能です。背景は任意の写真へ更新することができます。

パナタッチの解像度はどのくらいですか?

15.6 インチパナタッチの解像度は1366 x 768です。19.5インチおよび21.5 インチパナタッチはフルHD 1920 x 1080です。

このディスプレイでテレビとビデオをストリーミングすることはできますか?

はい、このディスプレイはテレビ(ビデオサーバを使用)とサポートされているビデオファイルをストリーミングすることができます。

パナタッチはエレベータとどのように通信しますか?

エレベーターコントローラがパナタッチの情報を収集して表示するには、E-Motiveエンコーダが必要です

どのようなネットワーク通信が利用可能ですか?

すべてのパナタッチディスプレイには、イーサネットポートが組み込まれています。

パナタッチにはどのようなアイテムが含まれていますか?

タッチスクリーン LCD  x 1 タッチLCD用電源アダプター x 1 MTP CPUプロセッサ(iS2-000と同様)  x 1 MTPCPU用の12Vdc電源 x 1 16オーム スピーカー x 2 16 Ios タッチエンコーダ x 1

規格への準拠に関して

EN81-28:2018 – What You Need to Know

Since 2003, Part 28 has been the industry’s reference for installing, testing, and designing emergency telephones. Now in 2018 we are seeing a major revision. How will the revision affect you?

さらに詳しく

EN81-71: Lift standards for Vandal Resistant Lift Components

Vandalism is a major concern for lift owners; damage through misuse and abuse impacts both the availability of lifts, and passenger safety. EN81-71:2005 is a harmonised European Standard which outlines additional protective measures to improve the vandal resistance of lift installations.

さらに詳しく

EN81-72 Fire-Fighting Lift Regulations

In 2015, the European Committee for Standardisation released an update to the standard for the installation of Firefighter Lifts, EN81-72:2015. This replaced the 2003 version of the same standard.

さらに詳しく

Certification(認証)

Avire is committed to strengthening its position as a market leader in elevator safety and communication solutions. A key element to this is providing our customers with products and services that meet the highest quality standards together with excellent value. Our customers are continually expecting more from us and so our ability to improve more quickly than our competitors is key to our future success. In doing this we position ourselves to retain our current customers and to win new ones Our manufacturing facilities in Singapore, Shanghai and Czech Republic are ISO9001-2008, ISO14001 and ISO18001 accredited and our products are certified for leading international conformance standards: CE, FCC and CSA. We offer product warranties on all our products for up to 2 years and our team are fully committed to providing the highest quality products in the industry.

さらに詳しく

お問い合わせ

Fill out our form

会社案内

会社案内